高品質でしかも熱心にぶどうとワインづくりを行うワイナリーを求めて、フランスボルドーのワイナリーに行ってきました。

今回訪れたボルドーはソムリエの間でも一度は訪れてみたいと衝動を駆られる土地。河岸の左右に位置するワイナリーはその畑の土壌によって栽培する葡萄が分かれており、造られるワインの味も異なってくる。ボルドーの面白さはブレンドにある。数種類の葡萄から作られたワインを巧みにアッサンブラージュ(ブレンド)することで複雑な味を造り上げる。口の中に含むとカベルネソービニヨン、カベルネフラン、メルローと順にそれぞれの特徴が追いかけてくる。ボルドーには古い歴史の中で生まれた格付けワインがあり、一級の格付けは不動の地位を保っている。こうした格付けワイナリーの近くで造られるワイナリーには無名ながら素晴らしいワインが隠れている。今回現地へ訪れ、ボルドーの河岸のワイナリーを巡り探し当てた大金星のワインたちを是非味わっていただきたい。